IT機器・製品を管理する

運転手

エンドポイントでの管理

企業のIT担当者にとって、セキュリティへの対策は重要課題になっていますので、社内で利用されているIT担当者にとって機器や製品の運用管理は重要なミッションです。この中で現時点でのセキュリティの対策として、エンドポイント管理が注目されており、各社注力している分野になります。エンドポイント管理とは、社内で使われている様々なITに関する製品について、登録や自動更新といったものや、資産管理を行うものになります。この中にセキュリティ対策も含まれてくるのですが、現在のウィルス等の脅威について、その侵入先として従業員が持ち込んだ個人利用の機器からというものがあります。具体的にはUSBメモリやSDカードといったものから、スマートフォンや個人利用のパソコンなどがその対象となっています。エンドポイント管理では社内ネットワークを常に監視しており、登録されていない機器が繋がれてくると、即座に通信を遮断する仕組みになっています。USBメモリやSDカードに関しても、ポリシーを設定することで、社内利用として許可されたPCに繋いでも、使えないようにするのです。スマートフォンやタブレットについても、許可されていないのであれば、社内につなぐことはできませんし、警告が管理者に通知されます。このようにエンドポイント管理を実施することで、従業員側で使われる機器をコントロールすることができますので、結果的にセキュリティへの対策が実現できるのです。